和泉素麺(そうめん)、きしめん、冷麦(ひやむぎ)などの手延べ麺の上手なゆで方を教えます!

新着情報

このページでは“素麺(そうめん)/ひやむぎ”、“きしめん/うどん”のおいしくて上手なゆで方をご紹介します。 お中元、お歳暮などでお受け取りになった手延べ麺がございましたら、ぜひ一度お試しください。

素麺(そうめん)/ ひやむぎのおいしいゆで方 うどん/ きしめんのおいしいゆで方

素麺(そうめん)/ ひやむぎのおいしいゆで方

工程-その1-

一束に対して水約3リットルを充分沸騰させます。

ここがポイント!

麺の重さの10倍以上のたっぷりのお湯がポイント!

工程-その2-


麺をパラパラと入れ箸で静かにかきまぜ、ゆでてください。

ゆで時間:そうめん3分前後 ひやむぎ8分前後

(再び沸騰し、ふきこぼれそうになったら火を弱めてください)

半生麺は4〜5分割がオススメ

工程-その3-

火を止め、ザルにとり、手早く冷水で水洗いしてください。

ここがポイント!

水道水が温かい時は氷を使うと麺がよくしまります。
ザルの場合、一つまみずつ盛り付けすると、水が切れても
取りやすいです!

工程-その5-

これでいつもよりおいしい素麺(そうめん)、ひやむぎができ上がります!

※お好みにより、ゆで時間を調整してください。ゆでたてが一番おいしく召し上がれます。

▲このページのトップに戻る

うどん/ きしめんのおいしいゆで方

工程-その1-

一束に対して水約3リットルを充分沸騰させます。

ここがポイント!

麺の重さの10倍以上のたっぷりのお湯がポイント!

工程-その2-

麺をパラパラと入れ箸で静かにかきまぜ、ゆでてください。

ゆで時間( 再沸騰後) うどん15分前後、きしめん8分前後

(再び沸騰したら中火以下に弱めてください)

ここがポイント!

きしめんは入れた時、麺同士がくっつきやすいので、箸でよくさばくことがポイント!長めの麺ですが、しんなりするまで、少し待ってそのままの長さでゆでるのがオススメです。

工程-その3-

火を止め、ふたをしてそのまま5〜6分蒸らしてください。
ザル、ころ等はさらに2〜3分長く蒸らします。

工程-その4-

蒸らしたらザルにとり手早く水洗いしてください。

ここがポイント!

釜あげややわらかめのかけうどん等は、水洗いせずそのままザルにあげるのがオススメ!ザルの場合は一つまみずつ盛り付けすると、水が切れても取りやすいです!

工程-その5-

これでいつもよりおいしいきしめん、うどんが上がります!

※お好みにより、ゆで時間、蒸らし時間を調整してください。

▲このページのトップに戻る

和泉麺店 〒444-1221 愛知県安城市和泉町北本郷54番地3 TEL 0566-92-0021 FAX 0566-92-0521

アクセスマップ 手延べ麺発売時期/ご購入方法 お問い合わせ

ショッピング[季節商品その他] 和泉麺店の手延べ麺 おいしい麺のゆで方 手延べ麺簡単なレシピ お客様の声 よくある質問
お知らせ 会社案内 お問い合わせ ご利用規約 お買い物方法 特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針